本当に効く発毛剤はどれだ?!

子供が発毛剤を使用する上での注意

発毛剤の使用は、原則として20歳以上の男女を対象としています。
未成年の子供が使用することはできないので注意が必要です。
子供の場合、臨床試験が行われていないので、効果・副作用について判明しておらず、使用不可としているのが普通です。
また、子供の場合は肌が敏感で繊細なため、使用を中止しているものも多いです。
育毛剤に関しては発毛剤よりも効果がマイルドですが、やはり20歳未満の使用は不可と注意を促している商品もあります。
パッケージに未成年の使用は不可と記載されていない場合は問題ありませんが、そもそも未成年は発毛剤や育毛剤を使用するほど薄毛の状態に悩まされている方は少ないでしょう。
子供の状態で薄毛に悩んでいるならば、病的な原因がある可能性が高いので、医療機関で診断を受けるのが好ましいです。
生活習慣の乱れがあれば頭皮環境が悪化して薄毛を招くことがありますが、薄毛の症状が出てくるのは早くても20代です。
10代で薄毛の症状がある場合、生活習慣や頭皮環境以外に原因がある可能性があり、この場合は発毛剤を使用しても効果は期待できません。
男性の薄毛の場合、30代から症状に気づき始める方が多いですが、10代~20代で薄毛の症状が出てきた方は医療機関で頭皮診断を受けるべきでしょう。
生活習慣の極度な乱れ、慢性的な冷え症、血行不良、過度の偏食、不規則な睡眠リズムなど、複数の悪習慣が影響し合うことで薄毛を招いてしまう場合はあります。
子供の薄毛に関しては、自己判断をして対策をするのは避けたほうがいいでしょう。
発毛剤や育毛剤を使用できるのは原則として20歳以上なので注意が必要です。
頭皮に合わない育毛グッズを使用すると、薄毛を促進することになります。