本当に効く発毛剤はどれだ?!

抜け毛に効果ありと評価されている発毛剤

日本には薄毛治療のガイドラインを作成している機関があります。どのような薄毛治療なら効果に期待ができるのかを示しているのですが、その中には発毛剤も含まれており、そして発毛剤の成分の中でも効果が高いとして評価されている成分があります。
その一つがミノキシジルですが、トップクラスの評価を受けており薄毛の改善に向けて使用が推奨されている成分なのです。そしてミノキシジルは発毛剤にも配合されて実際に販売されていますので、抜け毛の予防だったり薄毛の改善の為に活用してみるのも良いかもしれません。
そしてミノキシジル同様にトップクラスの評価をされている成分としてフィナステリドがあります。この成分も推奨度がトップクラスであり薄毛の改善効果に期待ができる成分とされているのです。ただ、ミノキシジルのように発毛剤に含まれている訳ではなく、病院での処方薬となっていますので、基本的には病院に相談をして出してもらう必要があります。
ミノキシジルもフィナステリドも抜け毛の改善に高い効果がある成分ですが、両者は異なる作用秩序となっており、両者を併用する事で最も効果的な薄毛対策ができます。
簡単に作用について確認してみますと、ミノキシジルは血管拡張作用によって発毛を促す事ができる成分であり、フィナステリドはAGAの原因である脱毛物質の増加を食い止める為の成分です。つまり脱毛を食い止めながら発毛を促進するという対策になるのですが、これらをセットで利用する事で抜け毛が改善され、発毛できる可能性が高まるとされています。
ただ、推奨度が高い成分ではあるものの、副作用が全くない訳ではありません。多少なりともリスクがありますし、効果ばかりに着目せず副作用についても理解しておく必要性があります。